2007年10月20日

三代旅

071018_180855.JPG
日本でまず私がしたかった事は、家族孝行。

海外で生活していると、普通以上に親の存在が見に染みるモノ。

特にうちは母方の祖父母がまだ健在なので、祖母、母、私、妹の女三代旅へ行ってきました!

途中修善寺見学中に、お母さんにとって凄くショックな出来事を聞き、旅行は終始暗い雰囲気になってしまったけど、色々な話も出来たし、親子の絆をさらに深める事が出来たと思う。日本にいる間は助けてあげないと。



木原さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


※写真は修善寺で行われていたお祭りの様子。
posted by NAREEZ at 11:57| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ショックな出来事って、何だったんでしょう?
でもきっと、なっちゃんママなら、すでに明るい雰囲気になっていることと願っているよう。
そうそう、家族って離れてみて、その良さを改めて感じることが多いよねぇ。
両親が健在のときに気付けて羨ましい?
残り少ない日本滞在、あたしの分まで楽しんで来て。。。

Posted by 菊豆 at 2007年10月20日 21:28
修善寺は今年開湯1200年祭で、いろんなイベントがあったと思います。良い年にいけてよかったですね。
女三代旅っていいなあ。うちのばーちゃんはもうそこまで元気じゃないのよね。なっちゃんのこういう話を聞くと、そうかあ、わたしもちゃんと孝行しなきゃなあって。父母が飛行機にのれるうちにタイに連れて行ってあげたいな、とひそかに思ってはいますが。
Posted by よっしー at 2007年10月21日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。